大阪の北摂地域(豊中・吹田・箕面)を中心としたリフォーム専門店【グランマ】

お気軽にご相談ください。
グランマ
住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中!

NEWS

/ 100年住宅

No.22 大きなうだつのある城下町<徳島県 脇町>

うだつの町並み  吉野川の中程にある脇町の南町通りには、江戸・明治時代、藍商で栄えた商家が軒を連ねている。街道に面して平入りの家が並んでいるせいだろうか少し屋根が低いように感じる。大きなうだつが下屋の上に1m程出っ張って立っている。1階の格子窓、2階の虫籠窓、農業倉庫に展示されている うだつの模型漆喰の白壁にうだつが入ることで景観に動きを感じる。
  うだつの起原は猛威をふるった大火にあった。いったん火事がおこると軒下を伝わって隣家に延焼し大火となることが多かった。なんと江戸時代に10回も被災している。内2回は町の8割方が燃えた。その恐怖心から大きく頑丈なうだつを作ることになったのであろう。
二階の格子と うだつ  町の農業倉庫に原寸大のうだつが展示されていた。なるほど立派な防火壁である。うだつが建ちだして大火がなくなった。
  その倉庫の隣に集会場のような建物があった。漆喰の白壁に脇町立図書館と白い浮き字で控えめに書いてある。入口がわからず路地裏を進むと、新しい格子窓や漆喰壁が続き町並みの続きを楽しく見せてくれる。やがて雁行の屋根が広がり広場に出ると、正面に大きな長屋門が現れ、ここが正面玄関であることがわかった。商家を上手に増改築して図書館に活用している。正面玄関から見る図書館は、格子をイメージしたサッシと柱に取り入れたうだつのデザインが脇町の町並みを斬新に取り入れていた。
  中に入ると受付の可愛い女性が笑顔で迎えてくれた。郷土史のコーナーを尋ねると奥まで案内してくれた。司馬遼太郎の「街道をゆく」が表紙を上にして置かれてあり付箋が付いてある。左:図書館  右:農業倉庫ページをめくると脇町のことが10ページほど書かれてあった。その中に徳島でもこの脇町だけは違っている。と特別な思いをもって書いている。
  内部の作りもどことなく町並みを歩いているみたいで心地よい。うだつをデザインした飾りが柱と天井に連続しているのも良い。小学生や中学生が静かに勉強していた。帰りは正面の長屋門をくぐって中道通りに出た。振り返ると大きな塀に小さな民家の入口が二つ並んで昔ながらの景観を守っている。裏の入口と同じように白漆喰の中に白い浮き字で脇町立図書館とあった。町並みに溶け込む新郎新婦
  そこからうだつのある中学校へ向かった。大谷川を渡り少し高台に登ると脇町中学校の運動場にでた。正面にうだつのある校舎が聳える。本瓦葺きの屋根が美しい。正面の玄関がまた素晴らしい。美術館の建物かと思うほど立派な校舎である。うだつと虫籠窓、本瓦葺き、漆喰壁。見事な日本建築美である。こんな学校で学べばうだつも上がることだろう。玄関のガラス戸から見る内部は木造校舎の造りで吹き抜けになっていた。
脇町中学校玄関  うだつの町並みに戻ると、記念写真を撮っている婚礼着姿のカップルがいた。聞けば10年後、20年後ここでまた写真を撮りたいと言う。町は今のままの姿で迎えてくれることだろう。うだつは大火から町を守っただけでなく。脇町の歴史を理解し共に生きている人々をしっかり見守っていることがわかった。立派なうだつを見上げながら歩いていたせいだろうか心地よい街道の散策ができた。

/ 100年住宅

No.21 静かな土の町<愛媛県 内子>

 松山市から予讃本線で一時間ほど南に下ると、里山が連なる小さな盆地に 「 内子 」 の町並みが広がっている。昔から主要な街道が集まる要所で、いろんな商いが発展した町である。町並みは地元産の浅黄土で作る漆喰壁が明るく、白漆喰との対比が快活な雰囲気を醸し出している。
  メインの本町通りには雑貨店、手焼きせんべい、桐下駄、棕櫚(しゅろ)細工、和紙、民芸品、和ろうそく、藍染め等の店が並び、客引きの声が響く。 観光客が出入りして往時を偲ぶことが出来た。 街道巾の広さが かつて問屋町であったことを証明している。浅黄色と白漆喰の壁が並ぶ本町通りの家並み失礼を顧みずに言わせてもらえば、四国の奥に、豪商が並んで店を構える問屋町があろうとは思いもしなかった。内子の不思議な底力を感じた。
  内子の歴史を紐解くと、この地は江戸時代に高品質の和紙を生産し、それにより内子は海外まで名を馳せたという。また明治の終わりには木蝋が最盛期を迎え、カーボン紙や化粧品、医療品など需要がある海外に輸出され、内子には数多くの大阪や神戸の商人が訪れた。
本芳我邸の庭から見た主屋 鬼瓦の下に懸魚が見える  木蝋で栄えた本芳我邸は町一番の豪商だった芳我弥三右衛門の屋敷で明治17年に建てられた。通りに面して平入りの屋敷が多い中、本芳我邸の土蔵だけが妻入りで、窓の造形美に進取の気風が満ちていた。窓の庇や格子窓の塗りは腕利きの左官が丹念に仕事をしたのであろう。格子戸が際立つ本芳我邸主屋 左に土蔵が見える主屋の一階は親子格子やユニークな格子戸で飾られ、端整な美の中にも独創性が際立ち、2階は格子戸と格子戸を包むユニークな鏝絵の組み合わせが楽しい。今までいくつも鏝絵に出会って来たが、これほど見事な風景は初めてであった。 通りには塗り壁の家が多い。 その理由を尋ねると腕の良い左官集団が健在であるとのことだった。これだけの家屋を維持管理出来るとは素晴らしいの一語に尽きる。
下芳我邸内部 昼は食事が出来る  間口一杯に千本格子をあしらった喫茶店のガラス戸を引くと、店内は木と漆喰とガラスの素材が居心地の良い空間を作っていた。中央には8メートルほどある栗のカウンターが前後を仕切り、椅子に座ると前方になだらかな町並みが広がった。「素朴で親切な人が多く、住みやすいので都会から戻ってきたの」。と女主人が言った。この町は知恵と個性で時代を乗り越えてきたと自慢げに話す。内子で最古の住宅その魅力が今でも町に住む人に残っていると言う。
  勘定を済ませて外に出た。いつの間にか日が沈み、落ち着いた空気が漂いだすと、人が急にいなくなった。一斉に早い店じまいが始まり、軽快な音を里山に響かせた。やがて止み、人の声もしなくなった。広い道を囲む家並みが先ほどの喧噪を忘れ、静かな顔をしている。やがて夕やみが濃くなると、土壁の色が夕やみにとけ、鏝絵、懸魚、破風、虫子窓、千本格子、鬼瓦が影絵のように浮き出し、その美しさに目を見張った。歴史の町はその生命力で今を包み込んでいるのだろうか。時の歩みが私の時を奪い取った。その心地よさだけが残響音のように残った。

/ 100年住宅

No.20 職人の町<兵庫県三木市>

守って活かす金物の歴史

  むかし学校やテレビで 「 ♪ しばしもやまずに 槌うつ響 ♪ 」( 村の鍛冶屋 ) のメロディーが流れると、鍛冶屋職人の鉄を打つ情景がうかんできた。稲見酒造の 「むくり屋根」今では小学校の音楽教科書からも除かれ巷で聞くこともなくなってしまった。かつて大阪の大工は三木へ通って、道具を買ったり鋸の目立てを頼んだりしたが、今は廉価な金槌や替え刃が普及し行くこともなくなった。今も三木に行けば槌うつ響きが聞こえるだろうか。
上から、陶板をはめ込んだもの、コテ絵、のこぎり型のうだつ屋号  神戸電鉄 ( 粟生行き ) 三木上の丸駅を下車すると、城跡の小高い山がすぐ迫っていた。駅を下りて国道を渡ると旧街道の四つ辻に出た。大きな商家が街道に連なって昔の佇まいを守っている。
  町を歩いていると屋号を描いた 「 うだつ 」 や 「 むくり屋根 」 が多い。うだつの屋号は立体的なものから、左官の鏝絵であったり、焼き物をはめ込んだもの。大きな鋸もある。 「 むくり屋根 」 は中程が盛り上がり、滑らかな曲線を持つ勾配となっているため施工が難しい。大工と瓦職人が高度の技術を必要とする。大工が良い仕事をしても瓦職人が瓦を敷く技術を持たないと上手に仕上がらない。お互い気負って技術を高めてきたのであろう。カフェ 「日月くらぶ」 玄関の柱が右に傾いている古い家並に真新しい土蔵造りや塗りたてのなまこ壁が割って入る。
  古い商家を改装したギャラリーカフェ 「 日月くらぶ 」 で小休止した。表から見て一目で傾いていることがわかる。店前には奥さんの手作りパンが並び、その奥にカフェのテーブルと椅子が並ぶ。家具職人のご主人が製作したもので、ムクの材料を使っておしゃれに作っている。見渡すと手の込んだ建具や置き家具が目に付く。
  ご主人の徳永順男さんに尋ねると、築百五十年の傾いた古民家を改装するために明石工業高等専門学校の先生に耐震診断を仰ぎ、傾いたままリフォームしたそうだ。柱一本分傾いていたが、古い土壁は丈夫で竹もしっかりしていた。徳永さんは地元出身ではないがこの町を訪れ好きになり、古い町並みを守りたいと思うようになった。夕方になると、カフェ 「 日月くらぶ 」 に近郊の若い家具職人や建築関係者が集まり建築談義が始まる。

  線路をくぐり三木駅方面に向かうとアーケードのある古い商店街が続いた。シャッターを下ろした店も多く人通りは無い。その外れに三木金物を扱っている古い商家があった。暑い日差しの中、この家をスケッチしている男性がいた。建物を描く吉岡充先生 聞けば定期的に個展も開く水彩画家の吉岡充先生だった。
  金物店の重い框戸を開けると店内は明治時代のままであった。保存が良く、丁寧に使われている。三寿々刃物製作所の宮脇大和さんが奥から出てこられた。商社勤務をやめ三代目を継ぐことを決意した。理由は、三木の金物と古い建物を引き継いでいくことに使命感を覚えたからだ。包丁の使い方から手入れまで何でも答えますよ、と熱意が伝わる。
  良い道具は修理すればいつまでも使える道具です。三寿々刃物製作所の事務所自信に満ちた回答が返ってきた。古い机や飾り棚、すすけた天井や梁が喜んでいるような気がした。
  外に出て画家に話しかけた。 「 描き始めて七日目です。 」 建物全体が繊細なタッチで描かれていた。主に兵庫県の古い建物を描かれている。古い町並みの探訪で話が合いしばし話し込んだ。別れにご自身の描いた葉書を頂いた。以前POCOでご紹介した平福の川端風景だった。
  城跡に登ると三木金物資料館があった。入り口に立つと懐かしい 「 村の鍛冶屋 」 のメロディーが流れてきた。資料館には大きなのこぎりから小さなノミまで数百種類の展示品があり、見たこともない道具の多さに驚いた。職人建築の歴史と知恵にあらためて感動し、三木に住む人が三木の歴史に学び今に生かそうと努力していることに感心した。

/ 100年住宅

No.19 古事記に載る町<兵庫県たつの市室津>

自然と共生する知恵が活きている

小学校から見る港 室津は不思議な町である。
 室津が1300年の年輪を刻んでいるのは、天然の良港という理由だけではない。共同体の文化がしっかり根付いているからだ。わずか5時間の滞在で知ることができたのは、町の中心にある室津民俗館の案内役、津田さんのお陰だ。
 人口1200人の町だが、みんな知り合いだと言う。祭り好きで、室津の町並み小五月祭り(女の祭り)、夏越祭り(男の祭り)や八朔のひな祭り、秋の室乃津祭。室津の人はお盆に帰省しなくても祭りには帰ってくるという。
 仲が良い理由を尋ねると、「水」と言う。川がないので数少ない井戸水が町の生命線になっている。水を守り公平に分ける知恵が、しっかりした共同体を作ったのであろう。

室津海駅館

海駅館の船底天井

 津田さんのご主人は、親はサラリーマンだが船に乗りたい一心で友人の父親に頼み込んで漁師になった。今も町の半数は漁業を生業にしている。

 坂を登ったら見晴らしの良いところに木造の廃校があった。子供が増えたので移転したという。跡取りには困らない。
 運動場から見下ろす室津の町は、キャンバスに描いたような良い顔をしていた。
 町に戻り石畳の通りを海に向かう。両脇を民家が押し合うように連なっている。建て替えるのが難しいのであろう。改装して維持している家は、手入れが行き届きセンスも良い。
 迂回して港に戻り防波堤の内側の道を歩く。立ち並ぶ家々の玄関先に小さな魚を編み目のように干している。お茶付けにすると美味しいそうだ。
 港の中央に室津海駅館が見えた。廻船問屋として活躍した豪商の遺構。江戸時代は文字通り "海の駅" として栄えた。二階の天井は屋形船の船底を思わせる珍しい意匠を残している。床は部屋ごとに高さが違い、まるで船の中にいるよう。通りに面した低いかけ縁の障子から見る町並みは、江戸時代の賑わいを予感した。

漁から戻り活気づく室津の港

作業する津田さん夫婦


 静かな館内を出ると、港が一変した。
 次から次へ戻る船と出迎える家族で、市場が始まったように活気があふれている。夫婦が収穫の魚やカニを振り分けている横で子供が遊ぶ。
 津田さんが、私を見つけ手を振る。手際よく作業をしている男前のご主人に合図を送った。ご主人は屈託のない日焼けした笑顔で振り返った。収穫が昔の半分以下になったと不満をこぼすが、仕事が楽しそうだ。三年前山手に家を建て、子供三人と暮らす。帰りには大きな渡りガニを三匹ビニール袋に詰めこんでくれた。

 良港があったから漁業で生計をたててきた。川がなかったから海が汚れなかった。川がなかったから井戸水を守り共同体を作った。井戸水を汚さないため山の自然を守った。この町の居心地の良さは、自然と共生する住民の知恵から来るのだろうか。
 近年、この町を気に入り都会から住み着く人が増えている。新しい住民とのコミュニケーションが自然とできている。

/ 100年住宅

No.18 坂越の船祭り<兵庫県赤穂市>

300年の伝統行事が人と町を育てる

 赤穂岬の海岸沿いを東に迂回すると陽光に輝く播磨灘が、大きなあくびをして瀬戸内海の美しい島々を飲み込んだ。大避神社から見る坂越の町入り江に黒や銀の鈍い光を放つ本格瓦が密集する小さな港町が見えた。
 坂越の町は江戸時代、赤穂の塩を運ぶため元廻船問屋が軒を連ねていた。その町並みが目の前に広がった。
 瀬戸内海にある港町の民家や商家の造りは似通っており一階は千本格子が細やかな感性を振りまき、路地裏に見える小さな庇二階には虫籠窓が塗り壁とともに昔日の賑わいを彷彿させる。
 平入り商家の路地裏を覗くと、小さな明かり取り窓の庇がリズム良く並ぶ。何回か修理や取替を経て今もその美と佇まいを守っている。職人の伝統がなせる技か。
 坂越は昔から和船作りが盛んだったが、船大工は家を建てない。坂越の町並みしかし、民家の意匠は和船の細工とどこか似ている。和船は細かいところまで手を入れ繊細で美しい。赤穂市でただ一人の和船大工、湊隆司さん(78歳)は、生涯で200隻の和船を作ってきた。造った祭礼用の船は重要文化財に指定されているが、「何隻作っても満足いくものはない。一生修行です。」と言う。丈夫で美しい船を作る工夫が、民家にも見られる。大きな材を使わず材質を選び、細工と工夫で美しさと耐久性を保ってきた。伝統の品格が町の雰囲気と重なる。

天狗のお面を被った猿田彦が参道を舞う褌姿の男たちが競って浜に漕ぎ寄せる
バタ板を駆け上がり片足をかけ扇子で舞う神輿を船に乗せる神官たち
生き島に向かう和船

 昼を過ぎると、町の人が大避(おおさけ)神社へ集まった。坂越の船祭りは、瀬戸内三大船祭りのひとつに数えられる。神社では神輿に御分霊をお渡しする神事から始まり、厳かに神楽を奏でる中、猿田彦・神楽獅子が舞う。やがてゆっくり本殿を降り、海に向かう参道を1時間掛けて舞いながら下りていく。写真1 神社下の浜辺では塩廻船の伝馬船をかたどった「櫂伝馬」が二隻、沖から漕ぎ寄せ、写真2 褌姿で神輿ご乗船のための橋板(バタ板)7枚を勇壮に練り合って船に掛ける。写真3 神輿が乗船すると、写真4 「櫂伝馬」二隻が先頭となり曳舟して計12隻の和船が、獅子を舞い神楽を奏で、船歌を歌って賑やかに坂越湾を巻き「生き島(大避神社の神島)」までお渡しする。写真5
 300年も続く伝統行事は、お年寄りから小さな子供まで祭りに参加し、遠くから親戚や友達が見に来る。「外へ嫁に行った80歳のお年寄りが、祭りの時必ず帰ってきます。祭りは楽しいですよ。町の人がみんな集まるので、子供が悪さをしていると誰彼となく叱る。子供がすくすく育つのも祭りのお陰です。」と、隣のおばさんが、輝いた顔で自慢する。その地にあるものをあるがままに続けていけば人を呼ぶ。人が集まり、祭りが続く。伝統や自然を大切にする習慣が人と町を育てている。

お気軽にご相談ください。住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中! TEL 06-6846-2281 メール info@grandma-homes.com