大阪の北摂地域(豊中・吹田・箕面)を中心としたリフォーム専門店【グランマ】

お気軽にご相談ください。
グランマ
住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中!

NEWS

/ 100年住宅

No.15 三代続く桶屋<三重県関市>

「桶重」三代目 服部重三さん 八十四歳

服部さんと一緒の写真三重県関市は東海道と伊勢街道を結ぶ宿場町。江戸時代から“お伊勢参り”で栄えた。東西二・五?の街道沿いに旅籠、問屋、銀行、酒屋、足袋屋、町家、鍛冶屋、桶屋、風呂、置屋まで。往時の町並みが横一列に並んで残っている。
駅前に車を置いて街道に出るとちょうど真ん中辺りだった。すぐ左に立派な構えの店が続く、商家らしくよく手入れがされていて美しい。
しばらく歩くと職人の店が並ぶ。桶屋の前に立った。ガラス障子越しに中を覗くと、使い込んだ板張りの隅に出来たての桶が積んである。横に道具が整然と並べてあった。椅子に座った桶屋の親方が手であっちに行けと合図をする。見てほしくないようだ。中を見せて頂こうと取っ手に手をかけたが鍵がかかっているようで開かない。親父は来るなと追い払うように手を振る。頑固親父だ。苦笑して去るしかなかった。

桶で作った金魚鉢しばらく歩くと、和菓子の「関の戸」で知られる深川屋には瓦屋根のついた立派な看板が上がっていた。町の端まで行き、戻る。
やがてまた桶屋の前を通った。頑固な親父と奥さんが椅子に座って暖を取っている。手を振ると今度は手招きした。奥さんに何か言われたのだろうか?鍵を開けてくれるのかと待っていると、強く空けろと仕草する。
力を入れると扉は開いた。おそるおそる入ると、観光客には迷惑している。とまず太い枯れた声でしかられた。職人は仕事してなんぼや。「あれは何?」「写真を撮るので仕事のポーズをしてみて」なんか言われると仕事できん。とまた一言。
一通りおしかり頂いた後、奥さんがお茶を注いでくれた。「たくさんの道具ですね。」「まだ中にある、何でも見ていったらいい。」と意外に優しい。写真も撮らせていただいた。作業場の中央に四角い穴が開いている。中には鉋屑が入っていた。ここで仕事をしているのだろうか。床板は使い込んで形が変形していた。
陳列棚には桶で作った金魚鉢があった。金魚鉢は十数個作ったが手間がかかるので止めた。値を上げても買いに来るので困ったそうだ。『桶屋は水を漏らしたらあかん。』夜中にピシッという木が割れる音がしたら今でも目が覚めるという。

関市の町並み五年前に脳梗塞で倒れ、一時仕事ができなくなった。しかし、病院の先生がびっくりするほど回復が早く一ヶ月後には仕事をしていた。よく手を使っていたお陰だと言う。
奥さんが嫁いだ頃は朝早くから夜遅くまで桶作りの手伝い。弟子の世話に明け暮れ、桶屋なんかに嫁に来るんじゃなかったと後悔したそうだ。しかし、今は良かったと言える。夫唱婦随で桶屋を盛り上げる。弟子も多い。
寿司桶を一つ所望した。すると人が変わったように、仕事中の写真を撮らせたり、作業場に上がらせてあれこれと説明した。さすが商売人。何百年街道沿いで生きてきた商売根性だろうか。人の流れだけでなく時代の流れも捉え商売に結びつけてきたのだろう。 
この町の人は、来た風に乗る。と言う。技術力だけで生きてきたのではないよ。と聞こえた。

/ お知らせ

天井埋込型 『 ナノイー発生機 』 で空気をきれいに

パナソニックの 『 ナノイー技術 』 は暮らしの中の様々なシーンで、アレル物質やカビ菌を抑制したり、繊維の奥にあるニオイの原因を分解して脱臭するなどの効果があります。 エアコンや空気清浄機、冷蔵庫や洗濯機にまで搭載された製品が売り出されていますが、お部屋の空気をきれいにしたり、脱臭の目的で使おうと思ったとき、空気清浄機を置くスペースがないということはありませんか? 例えばウォークインクロゼットの中とか、玄関など。
玄関でもナノイー
屋外から花粉やウイルスを連れてくることがありますから、玄関や衣類を収納するところではナノイー効果が期待されます。靴や衣類のニオイも気になりますよね。 そんな場所には天井埋込型のナノイー発生機 『 エアイー 』 がお薦めです。 ダウンライトを取り付ける要領で、天井に丸い穴を開け、電源を繋いではめ込むだけです。換気扇のようなダクト工事の必要はありません。 見た目もすっきりしています。
実際に喫煙ルームでお使いのところがあるのですが、「森の中にいるような気分」だというから驚きます。
posted by Doumoto

/ お知らせ

新しいフェスティバルホールの緞帳が公開されたそうで・・・

大阪中之島の新しいランドマークとなったフェスティバルホール。 ここに幅30メートル、高さ13メートル、重さ1.8トンと、国内の音楽ホールでは最大を誇る緞帳(どんちょう)が取り付けられ公開されたというニュースが、写真と共に新聞に掲載されていました。 製作したのは川島織物セルコン。 私たちもよく使っているカーテンや、カーペットを作っている馴染みのある会社です。 もう1年半ほど前になりますが、京都の北のほう、鞍馬の少し手前にある川島織物セルコンの本社・工場へ見学に行ったことがあります。 その時に、大きな緞帳を手作業で職人さんが織っているところも見せて頂きました。横一列に数人の職人さんが並んで作業されていましたが、あの大きな緞帳の細かく複雑な模様を織っていくのは、本当に大変な、辛抱のいる作業だと思います。
織物文化館 WEBサイト
工場ではカーテンの生地なども作っているのですが、その工程は“糸を作るところから”はじまり、糸を染める色の調合、染色と続いて生地を織り上げます。 それぞれの工程でベテランの職人さんが、若い人たちに混じって活躍していました。伝統のある織物を作っていくために技の伝承は欠かせないと思います。 工場に併設された『織物文化館』には織物の歴史や貴重な作品展示があり、また、隣接の『川島テキスタイルスクール』では手織りの技術や染色などを学べる本格的なコースや、短期間の講座などが受講できます。
posted by Doumoto

/ お知らせ

ハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE 《リンナイ》

皆さんのお宅ではどのような給湯器をお使いですか? ガス給湯器ですか? それとも電気温水器? ガスにしても電気にしても、最近はエネルギー効率の良い 『 エコジョーズ 』 や 『 エコキュート 』 など、省エネの製品を採用される場合が増えています。 ガスがよいのか電気がよいのか、ご相談を受けることはたびたびありますが、それぞれのご家庭によって、メリット・デメリットがありますので、良く検討をすることが必要です。 そんな中、ガスと電気のいいとこ取りをした給湯器が登場しました。 『ハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE』です。
リンナイ株式会社が2012年に発売したハイブリッド給湯・暖房システムECO ONEは、2013年2月、電気ヒートポンプ給湯器(エコキュート)を大きく上回り、給湯一次エネルギー消費量が最も少ない給湯器として認定されました。                         (リンナイWEBサイトより)
つまり省エネ性に優れているということですね。 いったいどんな給湯システムなのか、簡単に言うと電気のヒートポンプで沸かしたお湯を100リットル(または50リットル)のタンクに貯めておき、台所やシャワーでお湯を使うときにそれを使用します。お風呂のお湯張りや、複数の場所で同時にお湯を使うときなど、大量のお湯が必要なときには、ガスで沸かしたお湯とタンクのお湯を同時に使います。 ですから、電気で沸かした効率の良いお湯を使いつつ、たくさん使っても湯切れの心配がないというわけですね。 設置スペースがガス給湯器に比べれば大きく必要ですが、エコキュートを検討、ご使用されているお宅には、問題なく設置できると思われます。
posted by Doumoto

/ お知らせ

4月10日はインテリアを考える日

部屋mite グランマのリフォームでは、インテリアも取り扱っています。 オーソドックスなカーテン、ロールスクリーン、ブラインド、アコーデオンドアはもちろん、機能性に優れたプリーツスクリーンとか、デザインの優れた各種シェードなど、お部屋の利用シーンにあわせてオーダーいたします。 インテリアを選ぶとき、お部屋をどんな感じにしようかと悩みますよね。なかなかイメージが沸かないというお客様もたくさんいらっしゃいます。 そういうときにお役に立つかもしれないサイトがあります。 日本インテリアファブリックス協会が運営する 『 部屋mite ( へやみて )』 というサイトです。 ここは一般の皆さんが、お部屋の写真を撮って投稿するところです。 掲載された写真を部屋別・エレメント別に検索することができますから、インテリアを考えるときの参考にもなりますよね。 投稿された写真の中から『部屋mite投稿大賞』が選ばれるというのも、わくわくしませんか? もうすぐ、4月10日の『インテリアを考える日』に第5回の部屋mite投稿大賞の発表があります。 あなたも一度のぞいてみませんか?
posted by Doumoto

お気軽にご相談ください。住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中! TEL 06-6846-2281 メール info@grandma-homes.com