大阪の北摂地域(豊中・吹田・箕面)を中心としたリフォーム専門店【グランマ】

お気軽にご相談ください。
グランマ
住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中!

NEWS

/ 100年住宅

No.31 自立した港町 香川県引田

 

 香川県と徳島県の県境に引田という小さな港町がある。引田と書いて「ひけた」と読む。潮が引けたからくるのか、海とかかわりの深い歴史がある。室町から続く漁村だが、三方を山で囲まれた交通は船しかなく、隣町に行くにも船で往来していた。やがて、江戸時代になると廻船業が栄え、豪商が生まれ、町屋町が作られた。瀬戸内海沿いの典型的な町づくりである。しかし、この町を歩いて不思議に思ったことは城下町の町割りが残っていたことである。引田駅から歩くと道が卍型に曲がって目的地になかなか辿れない。戦国時代、阿波の大名が港の横にある城山に出城を構えた名残だろうか。行きつ戻りつしている内に塗屋造りが立ち並ぶ表通りに出た。

 

 

 通りには、明治・大正時代、醤油と酒の醸造業で栄えた「讃州井筒屋」と「かめびし屋」の土蔵造りの建物が広い敷地に並んでいた。「かめびし屋」は今も醤油の醸造元として有名だ。土蔵造りの大きな建物や塀の漆喰壁が赤色に染められ異彩を放っている。まるで醤油をぶっかけたような赤い壁が観光客を呼ぶ。

 

 

 隣にある讃州井筒屋の屋敷はけた外れに大きい。長屋門を入ると広大な中庭が広がり、周りに土蔵造りの蔵が立ち並ぶ。右に屋敷があり奥の間、かまや蔵、離れ、茶室、奥座敷が屋敷の中庭を囲って並んでいる。奥座敷は八畳の上座敷と八畳の次の間からなり、書院造で天井が高く風格がある。お殿様がお忍びで来られていたので、お殿様専用の表門がある。井筒屋の主人は屋敷にいろいろな趣向を凝らした家づくりを試みている。特に茶室の柱は一本一本種類の違う細い柱を使い、欄間には障子を閉めると千石船が現れる仕掛けを見ることができた。

 

 

人形造りもすごい。各部屋を歩く使用人、毬やかるたで遊ぶ子供たちなどお殿様やお姫様を楽しませる趣向を凝らしている。茶室にはお茶を運ぶからくり人形が働いていた。贅を尽くした暮らしの絵巻物が往時の繁栄を彷彿とさせる。

 

 平成に入って井筒屋の商売が立ちいかなくなり、競売に出された時、市民運動がおこり市が購入した。さらに2億円の予算を組み、朽ちかけた屋敷を改修した。上手に改修工事を終えた屋敷は往時のままの姿を今に伝えている。市民運動が町おこしにつながった珍しい事例だろう。

この日はたまたま世界人形祭が開かれ、それぞれの家に各国の人形が展示されていた。どの家も玄関の横に「見世の間」があり、家を開放して人形を飾っている。祭りを盛り上げようと地元の高校生からお年寄りまでたくさんの市民が行き来して楽しんでいる。

 

 

 通りの中ごろに洋館が建っていた。外壁はテラコッタのタイル張りで八角形窓が並ぶおしゃれな建築は、元郵便局で木筋コンクリート造りという珍しい建築物である。昭和七年に建築され昭和52年に閉局した。今はオーナーの田井さんが「カフェヌーベルポスト」を運営している。内装は当時の郵便局のままのこし、吹き抜けになった格天井を見せている。オーナーの田井さんは雰囲気を残すことにこだわり営業しているが、よく見ると所々傷みもある。残す苦労は大変なことだろうと思う。引田の町並み保存は市民活動で毎月のようにイベントで盛り上がっている。

 

 

だから町もきれいで雰囲気も良い。表通りから下った二筋目を歩いた。まるで昭和30年代に戻ったような風景に出合って驚いた。よく見ると明治、大正、昭和の家が混在している。また行ってみたくなる町である。

 

【POCO Vol.31 百年住宅を考えるより】

/ 100年住宅

居心地の良さを追求した3世代住宅

 

恵まれた環境を取り入れ、居心地の良さを追求した3世代住宅

 

 

 

箕面駅の近く、自然が残る住宅街の一角に建つK邸は築40年で老朽化が進んでいた。

 

 

 

 

リフォームして再生する計画で調査を進めたが、次の4点で建て替えを検討することになった。

 

一つは構造材の柱の径が3寸(9㎝)足らずで、梁も小さく耐震性に疑問符が付いたこと。

二つ目は基礎の高さが25㎝で絶えず湿気ている状態であったこと。

三つ目は第二世代が今後ともここに住むこと。

そして四つ目はご夫婦がお元気で一大事業に取り組もうとする気力があること。

を上げることができる。

 

建替えにあたってのご要望は

1、風が通る明るい住まい。(奥様)

2、リビングが広い。(長女)

3、お風呂が大きい。(ご主人)

4、植栽をたのしむ大きなテラス。(奥様)

5、ユニークな外観。(ご主人)

6、駐車場 (ご主人)

7、ロフトのある子供部屋(お孫さん)であった。 

 

敷地は24.4坪で、しかも変形している。そこに建築面積は116坪 211.5坪 合計27.5坪の家を設計した。駐車場の位置、玄関、階段、水回りの位置など検討課題が多く悩んだ。しかしその回答は意外なところにあった。既存の建物の横に物置があったが、そのスペースに水回りを全部配置することができないか考えた。するとすべてが解決した。玄関を敷地の入り隅に設け左はリビングキッチン、右は水回りへ動線を描いた。そして敷地通りの形で建築することで広さを確保した。駐車場は道路に面したスペースにクルマの大きさで作った。その結果、20畳のリビングダイニング、3.5畳のキッチン、5畳の寝室に、玄関と水回りも図面でご覧いただける広さになった。

  

 

  

 

洗面とトイレと洗濯スペースを一つにすることは若い人の反対があったが、開放的で使いやすく結果的にはお孫さんたちも喜ぶことになった。浴室はコストとメンテナンスを考えるとユニットバスだが、お風呂好きなご主人の希望がゆったりくつろげる広い風呂であった。敷地の形に合わせた広い空間に御影石調の大きなタイルを壁と床に貼って完成した。仕事が終わって毎日スーパー銭湯に通っていたが、今は1時間の長湯で体を休める。水回りの屋上は楽しみな菜園としてこれから作っていく。

 

 

 敷地いっぱいに建った家は八角形の家になってユニークな外観を生みだした。タイルとサイディングの組み合わせは外観の表情を豊かにした。夜になると、2階の階段ホールに納まったステンドガラスが玄関とテラスの闇を柔らかく照らす。昼と夜の表情が変化し面白い。

 

 

2階は若い人が住むので、階段室を屋外にいるような開放的な空間にした。広いスペースに傾斜天井の高い空間を作り、天井と壁の一部にナラ材の板を貼り、移り変わる自然に溶け込むことができる。階段の手すりは奥様の大好きな手作りのアイアンを使い、美術館のような空間に仕上げた。恵まれた環境と限られた敷地を上手に生かした工夫はたくさんの実りをつけた家に生まれ変わった。粘り強く居心地の良さを追求した結果でもある。

 

 

 

耐久性の高い吉野桧で熟練大工が建てた家は耐震性能も高い。快適で安心な住まいは百年住宅を目指す。

 

【POCO Vol.31 住いの建替え より】

/ 100年住宅

No.30 防災と建築 宮城県気仙沼市

2014年秋、宮城県気仙沼市へ帰省する友人に誘われ初めて東北の地を訪れた。

 

 

東日本大震災の被災地、気仙沼は昔から地震や津波に見舞われてきた。1896年明治三陸地震、1933年の昭和三陸地震の津波で大きな被害を被った。その80年後の2011年にふたたび大きな地震と津波によって甚大な被害を被った。何故過去の教訓が生かされなかったのだろうか。

 

気仙沼港から船で30分のところに人口3000人の大島がある。大津波はこの島を真っ先に襲ったが、被害が少なかった。この島の形が瓢箪のようにくびれており、そこに巾10mの道路が田中浜から浦の浜へ南北に走っている。

 

 

津波はこの道を走り気仙沼港へと抜けていったからである。写真の家はこの沿道に建つ。水害を避けるため道路からさらに石垣を築き高台に建築している。

島の南側は住宅被害が少なく死者は出なかった。

 

 

 

 もう一つ不思議に思ったエリアがある。気仙沼港から60m離れた古い商店街が残った。東西に走る東浜街道が気仙沼港からS字カーブで急坂を上りきったあたりで商店街はゆるやかな坂道を北に延びている。海側を小高い山(五十鈴神社)で守られていたこともあるのだろうか。床上浸水の被害で済み街並みは残った。

 

 一方、大きな被害は戦後開発された港周辺に集中した。埋め立てられた平坦な地に水産加工工場が立ち並び、商業がうまれ、やがて住まいが増えていった。高度成長を支えた新しい町である。経済活動を発展させるために便利さが優先されていった。経済の発展が過去の教訓を置き去りにし防災の備えを小さくしていったことを実感させられた。

 

 大きな災害を受けた人の心は、初めての体験に翻弄されていた。被害の大小だけでなく、保障の線引きによって生まれる運・不運。立場やそれぞれの環境によって、直接の被害だけでなく、その後の間接的で人為的な被害が発生し格差が生まれつつある。かつて仲間意識や郷土意識が高く細かなコミュニティをもった人たちが立場の違いの前に黙ることが多くなった。歴史が培った東北の人が持つ粘り強い自助努力機能が働かず、都会的な再建案に戸惑い時間が過ぎている。そんな厭世観が人々の表情を暗くする。

 

 美しい田中浜に新築された休憩所で働く老夫婦に話を聞くことができた。今、この浜辺をきれいにすることより、他にすべきことがたくさんあると思うが、役所や国に伝わらない。私たちもこの仕事があるから食べていけるので何も言えない。とさびしげに話す。港の付近に住むSさんは深刻である。来年にはこの町に住むか、町を出て山の方へ移り住むか判断を迫られている。町で暮らすにも一旦今の住まいを壊し地盤の嵩上げをして建物を建てることになるが、支援内容はまだ決まらない。近所付き合いが壊れていく中で、ここに暮らしたい気持ちも萎え始めている。時間がたつほど判断が難しくなっている。

 

 

その後Sさんが住んでいた地区は危険地域の指定を受け、市から提供された気仙沼駅の近くに引っ越した。現在嵩上げ中だが、戻れるかどうかはわからない。

 

近年、災害は地震や津波だけでなく、集中豪雨、河川の氾濫、地滑り、噴火、灼熱の夏、暴風雨など多岐にわたりその規模が大きくなっている。どれだけ住まいの安全が担保できるか。地域に根付いた防災の質と量が問われている。

 

 

  【POCO Vol.30 百年住宅を考えるより】

/ 100年住宅

No.29 御影公会堂

 昭和の終わり頃、国道2号線と石屋川が交差する地点に御影公会堂を初めて見た。その建物はかなり傷んでいたが手入れもされず、役目を終えたかのように見えた。唯一玄関口で目立っていたのは、地下で営業している食堂の不釣り合いな照明付き営業看板だった。だが個性的な建築物で気になる存在であった。それから5年後、阪神淡路大震災が起こり神戸の街は大きなダメージを受けることになる。そして阪神淡路大震災20周年を迎え、震災を振り返る記事がたくさん取り上げられた。その中に御影公会堂の歴史を詳しく書いた新聞記事に出会い、改めてこの建物を再認識することになった。

 

 

  この建物は、昭和8年に地元の白鶴酒造の6代目嘉納治兵衛の多大な寄付により公民館として完成した。当時はまだ御影村と称していた地域住民にとって自慢の建物だった。特に550人も収容できる公会堂は阪神間になく人々にたいそう重宝された。戦後は結婚式場になり、最盛期には年間1000組のカップルを祝福した。

 

 

しかし、この建物が語る最も重要なことは、激動の昭和を乗り切ったことにある。昭和13年の阪神大水害、太平洋戦争の神戸大空襲、そして阪神淡路大震災と大きな戦災、自然災害を潜ってきた。戦災では建物の過半を焼失する被害にあったが、終戦後すぐに修理され幼稚園として2年間、その後は昭和58年まで結婚式場として活用された。そして、戦後の目覚ましい高度経済の発展の中でその役目を終えようとしていた。平成3年には老朽化の為建て替えが決まり、公民館兼嘉納治兵衛記念館として生まれ変わる日を待っていた。そんな中で阪神大震災に遭遇した。周辺の建物は地震で崩れ、あるいは火災で燃え灰燼に帰した。しかし、御影公会堂は無傷で残り、避難場所として人々を救済した。その後、老朽化建て替えの話はいつの間にかなくなり、今日に至っている。

 

 

この建物の設計者 清水栄二は地元出身で神戸市役所初代営繕課長を経て清水設計事務所を立ち上げ、地元の建築に貢献した。彼が活躍した時期は、関東大震災が発生した1923年(大正12年)以降になる。関東大震災を経験した清水栄二が耐震性を重視したことは想像に難くない。御影公会堂の中に入るとそのことがよくわかる。直径1mの柱やアーチ状の大きな梁が広い空間に遠慮なしに存在している。

 

 

 

その存在がアールデコのデザインを取り入れることで空間を優雅にまとめ上げている。デザイン的にも素晴らしい建物である。彼について詳しい情報は少ないが、再び彼が脚光を浴びるようになったのは、80年を経ても活用されている建築物による。それは彼が信念としていた「半永久的な建物」が証明されたことでもある。

 

建物が残ったことは運が良かったからだけではない。地震に耐え、火災に耐えた建築が持つ本質的な力は人力だと思う。100年に1度あるかないかの地震を心配しても仕方がない。来た時は来た時と言う人もいる。果たしてそうだろうか。阪神大震災や東北大震災の復興から学ぶことを怠ってはいけない。可能な限り備えることが問われていると思う。

 

 【POCO Vol.29 百年住宅を考えるより】

/ 100年住宅

No.28 兵庫県三田市の再生

白州次郎・正子の墓が三田市の心月院にあることを知り訪ねた。

三田藩藩主九鬼家の菩提寺心月院は城下町にあり道が卍にできている。方角がわかっていてもなかなか辿り着かない。畑仕事をしている男性に道を尋ねた。ついでにお寺の由来を聞くと「わしは足軽の出だからよく知らんので和尚に聞いて。」と言われ驚いた。

 

 

心月院は庭の美しい古刹で、江戸時代の建物が残り、時が止まった心地良さがあった。春のお彼岸で人が多い。しかし九鬼家先祖代々の広いお墓は高い塀に囲まれひっそりとしていた。中に入ると整然と並ぶ歴代大名の威圧的な墓に圧倒される。九鬼水軍の霊気が漂っているようだった。その手前に代々家老職を勤めた白州家の墓があった。末席の出入り口に白州次郎と正子の小さな墓石が並んである。墓石のユニークなデザインは正子に依る。しかし気性の激しい二人が実家のお墓に納まるとは面白い。

城跡には学校が建っており昔を振り返るすべもないが、城跡を取り囲む武家屋敷や商家が残っていた。特に上級武士の町並は当時のままであることがわかり、道幅の広い道路には、江戸時代から続く冠木門や板塀が今もしっかり手入れされている。よく見ると屋敷は建て替えられ、入母屋造りの和風建築が昔の面影を残し、町並をしっかり守っていた。

 

 

 

 

 

一方商家は鎌倉時代から続く門前町がそのまま残っており、土蔵造りの立派な建物が多く、長い年月を経て栄えてきた誇りを今に伝える。通りには婚礼品店、呉服屋、美術商、履き物屋など千里では見かけない店が並ぶ。店前に古い調度品を整然と並べている美術商「一富士」の重たい木製の引戸を開けた。

 

お茶の道具から掛軸、家具、焼き物など所狭しと置かれていた。奥から「いらっしゃい。」と声がした。「売りに来る人は多いけど、買いに来る人はいませんわ。」と屈託のない話で笑いを誘う。

築150年の造りに感心していると、「孫が来て言うんです。“おばあちゃんの家は木の家や!”と3匹の子豚の話をするのです。かないませんわ。」と笑う。しかし、「近所の人が家を建て替えてまだ15年しか経たないのに、外壁と屋根のリフォーム工事で500万円払ったのには驚いた。昔の家は修理せんで良いようにできているのにね。昔の家を建てる大工や職人がおらんからでしょう。」とあきらめ顔だった。「息子が跡を取らない店は廃業して更地にする。だから所々空き地がありますでしょう。もう10年もしたら住宅街になってます。」しかし、町を歩いていると、若い人の活動が少しずつ広がっているのが見えた。

 

呉服屋の娘婿が実家の古民家を改修して「蕎麦一」(そばいち)をはじめたと聞き訪ねると、武家屋敷をそのまま利用して「古さ」を売り物にこだわりの蕎麦屋を営業していた。

 

 

 

畳を板に取替、間仕切りの建具を取っ払っただけで、元々の雰囲気を残している。古い家具を再利用した質素な佇まいが蕎麦の味に合う。小さな子供をつれた若い家族が田舎の実家を訪ねたように、ゆっくり食事をしていた。

 

あるいは江戸から伝わる民家で、スローフードの料理教室を運営している方がいる。レトロな民家でゆっくり自然の食事を楽しむことを目的としている。スローフードからスローライフへ。共通の土俵が整いつつある。若い世代が三田の良さを発掘し次の時代に繋げようと模索しているのだろうか。

 

今はまだかたくなな旧市街地の存在が新しい風にあたり、和らいでいけば、そこに新しい三田だけの町並ができるのではないだろうか。急がずゆっくり町の推移を見守りたい。

 

 【POCO Vol.27 百年住宅を考えるより】

お気軽にご相談ください。住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中! TEL 06-6846-2281 メール info@grandma-homes.com