大阪の北摂地域(豊中・吹田・箕面)を中心としたリフォーム専門店【グランマ】

お気軽にご相談ください。
グランマ
住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中!

NEWS

/ お知らせ

瀬戸内国際芸術祭 犬島にて

10日ほど前のことになりますが、平日にお休みをいただいて、瀬戸内国際芸術祭2013の開催されている、岡山県の犬島へ行ってきました。 犬島は面積が54ヘクタールといいますから、USJとほぼ同じ広さの、歩いて回れる小さな島です。人口は約50人。 明治の終わり頃から銅の精錬がおこなわれましたが、約10年で閉鎖。その遺構が今も残り、一部が犬島精錬所美術館として、光、風、熱を感じる建築作品になっています。(建築:三分一博志) また、島の集落の中には 『 家プロジェクト 』 と題して、建築家妹島和世さんが設計したギャラリーが点在し、現代アートが展示公開されています。
中の谷東屋 全景
そのひとつ、というかこれはギャラリーではなく休憩所ですが、『 中の谷東屋 』 という妹島和世さんの建築作品があります。 アルミ製のドーム型屋根を細い丸柱で支えているだけの、傘のような建築。高さが低いところでは180センチくらいしかなく、中に入ると、大きな傘の中に入れてもらったような感じがします。 地面はコンクリートでなだらかな傾斜があり、足音が屋根に反響してエコーがかかったように聞こえます。声も大きく共鳴して聞こえますが、屋根の外に居る人にはあまり聞こえません。
中の谷東屋 内観
ドーム状の屋根とコンクリートの傾斜が正確に計算され、不思議な体験ができるように設計されているのだと思います。すごいなぁ。 家プロジェクトの他の建築は、集落の中にもともとあった民家の敷地に、古い梁などの材料を再利用して建てられた物もあります。しかしその構造は、かつての民家とはまったく異なるトラス構造の洋小屋であったり、曲がりくねった丸太梁ばかりを複雑に組み合わせて造った大空間だったりします。 また、木材を一切使わず、透明アクリル板を使った巨大なショーケースのようなギャラリーは、集落の家並みとは趣の異なる物でした。 瀬戸内の小さな過疎の島に現代アートを持ち込む意味。 私の勝手な想像ですが、超高齢社会には新しいいのちが必要だということなのかもしれません。 捉え方によっては異質な物かも知れませんが、新鮮さを求める気持ちが誰にでも、少しぐらいあるはずです。それが見たこともない建物だったり、アートだったり、アートを観に訪れるたくさんの若者だったり、外国人だったりして、島のお年寄りたちが笑顔になって、元気になるかも知れませんよね。 私たち住宅リフォームの現場では、年配のお客様から 『 職人さんたちが熱心に仕事されるのを見て元気をもらった 』 というお声をいただくことがたびたびあります。 異なる世代の人と人が接する機会というのはあまり多くはありません。 けれどそれが良いことだというのは、なんとなく解ります。 良いことを進めていきたいと思うのですよね。 -------------- 瀬戸内国際芸術祭2013は『春』『夏』『秋』の会期に分かれており、4月21日で『春』の会期が終わりますが、犬島や直島、豊島、小豆島などの作品の多くは、『夏』会期が始まるまでの期間にも公開されています。 詳しくは → Setouchi Triennale 2013 瀬戸内国際芸術祭
posted by Doumoto

/ お知らせ

天井埋込型 『 ナノイー発生機 』 で空気をきれいに

パナソニックの 『 ナノイー技術 』 は暮らしの中の様々なシーンで、アレル物質やカビ菌を抑制したり、繊維の奥にあるニオイの原因を分解して脱臭するなどの効果があります。 エアコンや空気清浄機、冷蔵庫や洗濯機にまで搭載された製品が売り出されていますが、お部屋の空気をきれいにしたり、脱臭の目的で使おうと思ったとき、空気清浄機を置くスペースがないということはありませんか? 例えばウォークインクロゼットの中とか、玄関など。
玄関でもナノイー
屋外から花粉やウイルスを連れてくることがありますから、玄関や衣類を収納するところではナノイー効果が期待されます。靴や衣類のニオイも気になりますよね。 そんな場所には天井埋込型のナノイー発生機 『 エアイー 』 がお薦めです。 ダウンライトを取り付ける要領で、天井に丸い穴を開け、電源を繋いではめ込むだけです。換気扇のようなダクト工事の必要はありません。 見た目もすっきりしています。
実際に喫煙ルームでお使いのところがあるのですが、「森の中にいるような気分」だというから驚きます。
posted by Doumoto

/ お知らせ

新しいフェスティバルホールの緞帳が公開されたそうで・・・

大阪中之島の新しいランドマークとなったフェスティバルホール。 ここに幅30メートル、高さ13メートル、重さ1.8トンと、国内の音楽ホールでは最大を誇る緞帳(どんちょう)が取り付けられ公開されたというニュースが、写真と共に新聞に掲載されていました。 製作したのは川島織物セルコン。 私たちもよく使っているカーテンや、カーペットを作っている馴染みのある会社です。 もう1年半ほど前になりますが、京都の北のほう、鞍馬の少し手前にある川島織物セルコンの本社・工場へ見学に行ったことがあります。 その時に、大きな緞帳を手作業で職人さんが織っているところも見せて頂きました。横一列に数人の職人さんが並んで作業されていましたが、あの大きな緞帳の細かく複雑な模様を織っていくのは、本当に大変な、辛抱のいる作業だと思います。
織物文化館 WEBサイト
工場ではカーテンの生地なども作っているのですが、その工程は“糸を作るところから”はじまり、糸を染める色の調合、染色と続いて生地を織り上げます。 それぞれの工程でベテランの職人さんが、若い人たちに混じって活躍していました。伝統のある織物を作っていくために技の伝承は欠かせないと思います。 工場に併設された『織物文化館』には織物の歴史や貴重な作品展示があり、また、隣接の『川島テキスタイルスクール』では手織りの技術や染色などを学べる本格的なコースや、短期間の講座などが受講できます。
posted by Doumoto

/ お知らせ

ハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE 《リンナイ》

皆さんのお宅ではどのような給湯器をお使いですか? ガス給湯器ですか? それとも電気温水器? ガスにしても電気にしても、最近はエネルギー効率の良い 『 エコジョーズ 』 や 『 エコキュート 』 など、省エネの製品を採用される場合が増えています。 ガスがよいのか電気がよいのか、ご相談を受けることはたびたびありますが、それぞれのご家庭によって、メリット・デメリットがありますので、良く検討をすることが必要です。 そんな中、ガスと電気のいいとこ取りをした給湯器が登場しました。 『ハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE』です。
リンナイ株式会社が2012年に発売したハイブリッド給湯・暖房システムECO ONEは、2013年2月、電気ヒートポンプ給湯器(エコキュート)を大きく上回り、給湯一次エネルギー消費量が最も少ない給湯器として認定されました。                         (リンナイWEBサイトより)
つまり省エネ性に優れているということですね。 いったいどんな給湯システムなのか、簡単に言うと電気のヒートポンプで沸かしたお湯を100リットル(または50リットル)のタンクに貯めておき、台所やシャワーでお湯を使うときにそれを使用します。お風呂のお湯張りや、複数の場所で同時にお湯を使うときなど、大量のお湯が必要なときには、ガスで沸かしたお湯とタンクのお湯を同時に使います。 ですから、電気で沸かした効率の良いお湯を使いつつ、たくさん使っても湯切れの心配がないというわけですね。 設置スペースがガス給湯器に比べれば大きく必要ですが、エコキュートを検討、ご使用されているお宅には、問題なく設置できると思われます。
posted by Doumoto

/ お知らせ

4月10日はインテリアを考える日

部屋mite グランマのリフォームでは、インテリアも取り扱っています。 オーソドックスなカーテン、ロールスクリーン、ブラインド、アコーデオンドアはもちろん、機能性に優れたプリーツスクリーンとか、デザインの優れた各種シェードなど、お部屋の利用シーンにあわせてオーダーいたします。 インテリアを選ぶとき、お部屋をどんな感じにしようかと悩みますよね。なかなかイメージが沸かないというお客様もたくさんいらっしゃいます。 そういうときにお役に立つかもしれないサイトがあります。 日本インテリアファブリックス協会が運営する 『 部屋mite ( へやみて )』 というサイトです。 ここは一般の皆さんが、お部屋の写真を撮って投稿するところです。 掲載された写真を部屋別・エレメント別に検索することができますから、インテリアを考えるときの参考にもなりますよね。 投稿された写真の中から『部屋mite投稿大賞』が選ばれるというのも、わくわくしませんか? もうすぐ、4月10日の『インテリアを考える日』に第5回の部屋mite投稿大賞の発表があります。 あなたも一度のぞいてみませんか?
posted by Doumoto

お気軽にご相談ください。住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中! TEL 06-6846-2281 メール info@grandma-homes.com