大阪の北摂地域(豊中・吹田・箕面)を中心としたリフォーム専門店【グランマ】

お気軽にご相談ください。
グランマ
住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中!

NEWS

/ 100年住宅

No.20 職人の町<兵庫県三木市>

守って活かす金物の歴史

  むかし学校やテレビで 「 ♪ しばしもやまずに 槌うつ響 ♪ 」( 村の鍛冶屋 ) のメロディーが流れると、鍛冶屋職人の鉄を打つ情景がうかんできた。稲見酒造の 「むくり屋根」今では小学校の音楽教科書からも除かれ巷で聞くこともなくなってしまった。かつて大阪の大工は三木へ通って、道具を買ったり鋸の目立てを頼んだりしたが、今は廉価な金槌や替え刃が普及し行くこともなくなった。今も三木に行けば槌うつ響きが聞こえるだろうか。
上から、陶板をはめ込んだもの、コテ絵、のこぎり型のうだつ屋号  神戸電鉄 ( 粟生行き ) 三木上の丸駅を下車すると、城跡の小高い山がすぐ迫っていた。駅を下りて国道を渡ると旧街道の四つ辻に出た。大きな商家が街道に連なって昔の佇まいを守っている。
  町を歩いていると屋号を描いた 「 うだつ 」 や 「 むくり屋根 」 が多い。うだつの屋号は立体的なものから、左官の鏝絵であったり、焼き物をはめ込んだもの。大きな鋸もある。 「 むくり屋根 」 は中程が盛り上がり、滑らかな曲線を持つ勾配となっているため施工が難しい。大工と瓦職人が高度の技術を必要とする。大工が良い仕事をしても瓦職人が瓦を敷く技術を持たないと上手に仕上がらない。お互い気負って技術を高めてきたのであろう。カフェ 「日月くらぶ」 玄関の柱が右に傾いている古い家並に真新しい土蔵造りや塗りたてのなまこ壁が割って入る。
  古い商家を改装したギャラリーカフェ 「 日月くらぶ 」 で小休止した。表から見て一目で傾いていることがわかる。店前には奥さんの手作りパンが並び、その奥にカフェのテーブルと椅子が並ぶ。家具職人のご主人が製作したもので、ムクの材料を使っておしゃれに作っている。見渡すと手の込んだ建具や置き家具が目に付く。
  ご主人の徳永順男さんに尋ねると、築百五十年の傾いた古民家を改装するために明石工業高等専門学校の先生に耐震診断を仰ぎ、傾いたままリフォームしたそうだ。柱一本分傾いていたが、古い土壁は丈夫で竹もしっかりしていた。徳永さんは地元出身ではないがこの町を訪れ好きになり、古い町並みを守りたいと思うようになった。夕方になると、カフェ 「 日月くらぶ 」 に近郊の若い家具職人や建築関係者が集まり建築談義が始まる。

  線路をくぐり三木駅方面に向かうとアーケードのある古い商店街が続いた。シャッターを下ろした店も多く人通りは無い。その外れに三木金物を扱っている古い商家があった。暑い日差しの中、この家をスケッチしている男性がいた。建物を描く吉岡充先生 聞けば定期的に個展も開く水彩画家の吉岡充先生だった。
  金物店の重い框戸を開けると店内は明治時代のままであった。保存が良く、丁寧に使われている。三寿々刃物製作所の宮脇大和さんが奥から出てこられた。商社勤務をやめ三代目を継ぐことを決意した。理由は、三木の金物と古い建物を引き継いでいくことに使命感を覚えたからだ。包丁の使い方から手入れまで何でも答えますよ、と熱意が伝わる。
  良い道具は修理すればいつまでも使える道具です。三寿々刃物製作所の事務所自信に満ちた回答が返ってきた。古い机や飾り棚、すすけた天井や梁が喜んでいるような気がした。
  外に出て画家に話しかけた。 「 描き始めて七日目です。 」 建物全体が繊細なタッチで描かれていた。主に兵庫県の古い建物を描かれている。古い町並みの探訪で話が合いしばし話し込んだ。別れにご自身の描いた葉書を頂いた。以前POCOでご紹介した平福の川端風景だった。
  城跡に登ると三木金物資料館があった。入り口に立つと懐かしい 「 村の鍛冶屋 」 のメロディーが流れてきた。資料館には大きなのこぎりから小さなノミまで数百種類の展示品があり、見たこともない道具の多さに驚いた。職人建築の歴史と知恵にあらためて感動し、三木に住む人が三木の歴史に学び今に生かそうと努力していることに感心した。

/ お知らせ

ヤマハ から トクラス へ

今日は10月1日。 たしか 『 衣替え 』 の日ですよね。

でも豊中の最高気温は今日も30℃。明日も30℃の予想だとか。

日が暮れるのが随分早くなって、季節が秋に変わってきたというのは感じられるのですが、もう少し涼しくなってほしいと思います。

 

トクラストップページ

さて、今日10月1日からヤマハキッチンなどでお馴染みの 『 ヤマハリビングテック株式会社 』 が 『 トクラス株式会社 』 に社名変更しました。 ピアノ製造のヤマハが、得意の木工技術を活かして高級家具の製造を始めたのが1903年(明治36年)。その後FRP浴槽や人工大理石カウンターの開発をし、システムキッチンの発売をしたのが1976年です。 しかし近年、ヤマハは 『 音と音楽 』 という原点に立ち返った経営方針を打ち出し、キッチンなどのリビング事業を2010年に譲渡しました。 その後もヤマハリビングテックとして事業継続し、デンソー・住友林業などの出資により、ヤマハから完全独立。トクラス株式会社としてスタートしました。

 

 

今も、20年先も心強い確かなものづくり|トクラスキッチン


ヤマハのブランドを離れても、これまでに培われたクラフツマンシップに変わりはない。 そんなメッセージが、トクラスの新しいWEBサイトに感じられます。

 

それに加えて、WEBサイトの親しみやすいデザインは、『 お客様の毎日と暮らす 』 というトクラスの企業理念を表しているようにも感じます。

 

今週末、10月5日から全国のトクラスショールームで 『 トクラス誕生祭 』 が開催されます。 トクラスの優れた商品と、意気込みを見に行きませんか?

posted by Doumoto

 

/ 100年住宅

No.19 古事記に載る町<兵庫県たつの市室津>

自然と共生する知恵が活きている

小学校から見る港 室津は不思議な町である。
 室津が1300年の年輪を刻んでいるのは、天然の良港という理由だけではない。共同体の文化がしっかり根付いているからだ。わずか5時間の滞在で知ることができたのは、町の中心にある室津民俗館の案内役、津田さんのお陰だ。
 人口1200人の町だが、みんな知り合いだと言う。祭り好きで、室津の町並み小五月祭り(女の祭り)、夏越祭り(男の祭り)や八朔のひな祭り、秋の室乃津祭。室津の人はお盆に帰省しなくても祭りには帰ってくるという。
 仲が良い理由を尋ねると、「水」と言う。川がないので数少ない井戸水が町の生命線になっている。水を守り公平に分ける知恵が、しっかりした共同体を作ったのであろう。

室津海駅館

海駅館の船底天井

 津田さんのご主人は、親はサラリーマンだが船に乗りたい一心で友人の父親に頼み込んで漁師になった。今も町の半数は漁業を生業にしている。

 坂を登ったら見晴らしの良いところに木造の廃校があった。子供が増えたので移転したという。跡取りには困らない。
 運動場から見下ろす室津の町は、キャンバスに描いたような良い顔をしていた。
 町に戻り石畳の通りを海に向かう。両脇を民家が押し合うように連なっている。建て替えるのが難しいのであろう。改装して維持している家は、手入れが行き届きセンスも良い。
 迂回して港に戻り防波堤の内側の道を歩く。立ち並ぶ家々の玄関先に小さな魚を編み目のように干している。お茶付けにすると美味しいそうだ。
 港の中央に室津海駅館が見えた。廻船問屋として活躍した豪商の遺構。江戸時代は文字通り "海の駅" として栄えた。二階の天井は屋形船の船底を思わせる珍しい意匠を残している。床は部屋ごとに高さが違い、まるで船の中にいるよう。通りに面した低いかけ縁の障子から見る町並みは、江戸時代の賑わいを予感した。

漁から戻り活気づく室津の港

作業する津田さん夫婦


 静かな館内を出ると、港が一変した。
 次から次へ戻る船と出迎える家族で、市場が始まったように活気があふれている。夫婦が収穫の魚やカニを振り分けている横で子供が遊ぶ。
 津田さんが、私を見つけ手を振る。手際よく作業をしている男前のご主人に合図を送った。ご主人は屈託のない日焼けした笑顔で振り返った。収穫が昔の半分以下になったと不満をこぼすが、仕事が楽しそうだ。三年前山手に家を建て、子供三人と暮らす。帰りには大きな渡りガニを三匹ビニール袋に詰めこんでくれた。

 良港があったから漁業で生計をたててきた。川がなかったから海が汚れなかった。川がなかったから井戸水を守り共同体を作った。井戸水を汚さないため山の自然を守った。この町の居心地の良さは、自然と共生する住民の知恵から来るのだろうか。
 近年、この町を気に入り都会から住み着く人が増えている。新しい住民とのコミュニケーションが自然とできている。

/ お知らせ

4人に1人が65歳以上の時代が来ました

高齢者の時代

9月16日の祝日は、何の日だったかおぼえていらっしゃいますか?私はうかつにも当日まで忘れていましたが、敬老の日だったのですね。この敬老の日にあわせて総務省から次のような発表がありました。

 

 

65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は3186万人(平成25年9月15日現在推計)で、総人口に占める割合は25.0%となり、人口、割合共に過去最高となりました。前年(3074万人、24.1%)と比べると、112万人、0.9ポイント増と大きく増加しており、これはいわゆる「団塊の世代」(昭和22年~24年の第一次ベビーブーム期に出生した世代)のうち、昭和23年生まれが、新たに65歳に達したことによるものと考えられます。

 

総人口の25パーセントちょうどということは、4人に1人が65歳以上の高齢者ということ。 総人口に占める高齢者の割合は高齢化率と呼ばれ、21%以上の場合を 『 超高齢社会 』 といいます。日本は平成19年に21.5%になり、超高齢社会になりました。かつてよく耳にした 『 高齢化社会 』 というのは、高齢化率が7~14%のことをいいますので、もう遠い昔の話ということになります。 私がグランマで働くようになったのが25年前。 お客様の数も随分増えていますが、以前にリフォームさせていただいて、今も何かとお声をかけていただくお客様がたくさんいらっしゃいます。 お子さんが中学生ぐらいの時にリフォームされた方も、今はたくさんのお孫さんに囲まれた、いいおじいちゃんおばあちゃんです。 パナソニックが 『 20歳のリフォーム 』 というキャンペーンCMをテレビで流していますが、あのような感じでお客様のお子様の成長を目の当たりにすることもあります。 時が経つ早さを感じ、また、長いお付き合いをさせていただいていることに、改めて深い感謝の気持ちが沸いてきます。 これからも、ご家族のしあわせのお手伝いをさせていただけたら光栄だと思います。

posted by Doumoto

 

/ お知らせ

トクラス箕面ショールーム 8月23日オープン

トクラスショールーム オープニングフェア
ショールームの話が続きますが、ヤマハリビングテック(株)のショールームが箕面に誕生します。 ヤマハのショールームは、これまで大阪市中央区本町にありましたが、4月には“うめきた”のグランフロント大阪に移転オープンしました。 これに続いて、私たち北摂に暮らす者には大変便利な、北摂エリアへの新規オープンです。場所は箕面市役所の南約400メートル。牧落交差点に近い箕面の中心エリア。さほど大きくないショールームですが、人造大理石キッチンバスルーム洗面化粧台が展示されています。
手塗りグレードのカラーバリエーション114色
ショールームが遠かったせいであまり馴染みのなかったヤマハのキッチンですが、扉と人造大理石シンクの美しさはお薦めする価値があると思います。 たとえばシステムキッチンBerryの扉バリエーションは151色。 『 手塗りグレード 』 と呼ばれる鏡面塗装扉はピアノを作ってきたヤマハの真骨頂。シャインカラーだけで114色もあり、味気ない記号名でなく、ひとつひとつを日本の伝統的な色名で呼んでいるところにも選ぶ楽しみを感じさせてくれます。 171号線沿いに展開する水まわり商品の各社ショールームに、新しい選択肢が増えました。 8月23日から9月1日までオープニングフェアとして、各種イベントも予定されています。ぜひお越しください。
posted by Doumoto

お気軽にご相談ください。住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中! TEL 06-6846-2281 メール info@grandma-homes.com