大阪の北摂地域(豊中・吹田・箕面)を中心としたリフォーム専門店【グランマ】

お気軽にご相談ください。
グランマ
住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中!

NEWS

/ 100年住宅

No.26 素顔の屋敷 新居浜市内 広瀬宰平邸

偉人の住まいはその人を語る道具である。そこには思考、情緒、意志、行動など、ユニークな物語が詰まっている。

例えば夏目漱石、志賀直哉、三島由起夫といった文学者から岩崎与太郎、徳川慶喜、大隈重信など経済界、政界で活躍した人の住まいが今も大切に保存され、後生にその業績を伝えていることがその証しと言えるだろう。

 

新居浜市で見つけた広瀬宰平の屋敷にもそんなパワーを感じた。新居浜市は住友家の企業城下町である。

広瀬氏は激動の明治を経営者として生きた。住友家中興の祖として今も尊敬を集めている。そして新居浜市の発展にも多大な貢献をしている。彼の活躍ぶりは邦光史郎著 集英社文庫「住友王国」に詳しく紹介されているが、住まいについての記述はなく、今回の訪問は大変興味深いものであった。屋敷は住友家によって大切に保存され、敷地の一部には近代的な歴史記念館が市民に開放されている。

 

この屋敷を紹介する。山を背にした大きな敷地に数寄屋風の素朴な邸宅とそれを囲む大きな回遊庭園がある。庭園はどこまでが庭でどこからが山か分からないほど自然に溶け込んでいる。邸宅も庭も当時のまま保存され、何時主人が戻っても迎えられると言いたげである。山門のような冠門から玄関へまっすぐ伸びる石畳に気品を感じる。石畳を挟んで左に庭園が広がり、右は納戸や事務所が並んでいる。

 

 

 

 

 

内玄関は思いの外こじんまりと普通の民家風であるが、座敷に上がると壁のない和室が縦横に広がっていた。間を仕切る障子は座って目線が通る高さに透明ガラスが嵌められており、座って四方を見ると奥の方まで見渡すことができる。これは主が座って使用人の動きがすべて分かる工夫である。広い台所まで見通せるから驚きである。いかに人の管理に力を注いでいたかがわかる。

 

 

 

 

また、奥の部屋が暗くならないように各室の天井には天窓が設けられていた。奥の南に面した21畳の和室には奥行き1間、巾2間の一段高くなった床の間が誂えてあった。住友家を想定してのことだろうか。

内玄関を正面に進むと驚くほど広い台所がある。大勢の使用人が働いていたことが想定できる。作りを見ると吹き抜けのスペースに洗い場、調理場、配膳などが合理的に配置され、働きやすい台所であったことがわかる。

 

 

 2階に上がる階段もユニークである。途中踊り場があり両方から上がる仕掛けになっている。「時は金なり」か。

 

 

その階段を2階に上がると雰囲気は一変する。間仕切りは襖で仕切られ、丸みのあるシンプルなランマが緊張の抜きを演出する。障子を開けると回り廊下を囲む意匠の凝ったガラス障子と手すりが心を和ませ、変化に富んだ四季の庭を取り込む。居るだけで心地よく、自分に語りかけている自分にハッとさせられた。

 

 

忙しく働く主にとってこの空間は命の源泉であったのだろうか。晩年この部屋(望煙楼)から新居浜市街の発展を象徴する煙突の煙を見るのが好きだったそうである。

 

 

果たして、彼は人を掌握し会社と街の成長にヒントを見つける為、この屋敷を造ったのであろうか。ここは激動の時代を走り抜けた、希有な経営者の実像を物語るものであり、また一人の人間として孤独と弱さを実感する屋敷でもある。その限界を超える為に邸宅や庭の作りに懲り、他に見られない工夫を生み出したと言えなくもない。

 

【POCO Vol.25 百年住宅を考えるより】

/ 100年住宅

No.25 下津井に残る古い町並み(岡山県)

岡山県玉島の友人から、下津井に古い町並みがたくさん残っていることを教えてもらい、訪ねてみることにした。瀬戸大橋手前の児島インターチェンジで下り、標識に従って山を下ると10分ほどで下津井港に着いた。

 

 

駐車場の近くでおばあさんが地元で収穫したノリやたこの干し物など売っていた。その奥にある蔵にカフェギャラリーの小さな看板が目に入った。中に入ると先ほどのおばあさんの娘さんがまかないをしていた。「どうぞこちらへ。」

「蔵を上手に利用していますね。」と話しかけると、「おばあさんの持ち物ですが、跡取りもいないのでこんなことで利用しています。」

 

吹き抜けになった蔵の漆喰壁に下津井の絵が掛けてあった。「私の先生の作品です。生前、瀬戸大橋が掛かる前のよき時代の下津井を懐かしんで描かれていました。だから何となく寂しげですね。」使い込んだイカナゴの箱が椅子代わりに使われていた。ここの戸を開けると冷たい風が入るのですよ。とお嬢さんが開けるやいなや、ひやっとした心地よい路地風が入り込んできた。しばし、静かな蔵の中で瀬戸内の漁村の日常に接することが出来た。

 

 

そこから山手に上がり下津井街道に出た。巾2間あるかないかの道が山と海の間を蛇行している。両脇を昭和の民家や明治の商家が混ざって建ち並ぶ。そんな中に大きな屋敷の「むかし下津井回船問屋」が公開されていた。北前船で運ばれるニシン滓を大量に扱っていた豪商の屋敷で、下津井街道に面して十二間の間口が往時の繁栄を語っている。玄関を潜ると広い内玄関の右側に見世の間、商品の間、商談の間が奥まで並んで庭に面している。

 

 

 

内玄関の正面からは、幅広い三和土の通路を抜け、奥の中庭が見通せる。今の中庭は蔵に囲まれているが、昔はそのまま船着き場に接していた。船着き場からは、北前船で運ばれたニシン滓、数の子、昆布等が中庭に運び込まれ、蔵に取り置かれた。特にニシン滓を置いていた蔵は100坪の広さがあり、吹き抜けの天井まで積み上げられていたそうである。立派な丸太梁の架構と年季の入った土壁を見ていると、かつて大勢の人夫がニシン滓を運び込んでいた活気が伝わってきた。

 

しかし、豪商の屋敷を出て、街道を瀬戸大橋にむかうと、蔵や商家が並ぶ中に空地が目立ち寂れた印象を受けた。住宅が朽ちたり、跡取りが無いため壊したりして空き地が増えているという。町は住む人が守り育てないと朽ちていく現実を目の当たりにした。たとえ百年住める家があっても、住む人がいてこそ活かされる町のあり方を再認識した。下津井港の突堤から見える瀬戸内の多島美は昔と変わらない郷愁を静かに語りかける。夕方になると町の人が赤く染まる日の入りの景色を楽しみに集まる。夕日の傾きに海のあかね色が段々濃くなっていく。町の人はどんな思いでこの光景を見ているのだろうか。

 

【POCO Vol.24 百年住宅を考えるより】

/ 100年住宅

No.24 城下町高取(奈良県)

城下町高取を見下ろす高取城は、高さ584m、城内周囲3km 郭内周囲30kmの大規模な山城である。

 

 

 

大和平野から見える高取城は美しく、「巽高取雪かと見れば 雪でござらぬ土佐の城」と謳われた。その麓に土佐街道が走り、最寄りの壺坂駅から1kmに渡り古い町並みが残っている。昔、大和朝廷の都造りにかり出された土佐(高知県)の民は、その後の政変で帰郷できなくなり、やむをえず住み着いた。という歴史がある。そのため町には土佐を冠した地名が多い。土佐街道もその一つだが、街道沿いには商家や武家屋敷など、江戸から明治にかけて建てられた重厚な建築物が残っていた。

 

  

 

高取の城下町を歩いてみる。

近鉄吉野線の壺阪山駅前を横切る土佐街道を右折。今は石畳に舗装された道の両側を山から湧きでる水路が走る。昔から火事の際にはこの水路を堰き止め消火に使ったそうだ。両側を古い民家が連なり、生活の臭いがするのもこの水路があるからだろうか。嘗ての呉服店を観光案内所に使っている夢創館に入った。町の歴史を紹介するコーナーがあり、城の櫓が写っている明治23年撮影の写真が掛けられてあった。当時、老朽化が激しく、取り壊す前の城を撮影したものだろう。

 

その中にあって、ひときわ目立つ石川医院の長屋門は下屋敷の重厚な門が移築された状態のまま残っていた。壁には診療時間や注意書きの案内がところかまわず賑やかに掛けてある。敷居をまたぐと中庭があり正面に石造りの洋館が建って、今も診療所になっている。小さな受付の窓口が懐かしい時代を語っていた。中庭には床几が置かれ、近所の人が長話をしても差し支えない。奥にはこじんまりした庭園があり静かな時間を守っている。病気でなくても訪ねたくなる。

  

少し先を行くと、薬の町で栄えてきた面影が残る建物を見つけた。千本格子に漢方薬と板に書かれた築150年の建物には悠然と時代を過ごしてきた風格が感じられる。今も現役だからだろうか。ここにもカラフルな看板が並んでいたが、不調法と感じさせない落ち着きがある。

 

 

やがて町屋から武家屋敷が多くなり長い土塀が続く。窓の格子が横向きの与力窓が付いている大きな長屋門がある。奥の玄関横にはのぞき穴があった。昔、訪れる人を確認していたのであろう。その隣に旧高取藩筆頭家老の屋敷があった。現在は旧藩主植村氏の居宅になっている。その長屋門の壁には斬新なデザインのなまこ壁が綺麗に残っていた。いずれも手入れがよいので時代の臭いがする。住みつなげているから伝わってくる優しさと時の重みがこの町の魅力だ。

 

 

 

 

 そこから先は城に登る道が続いていた。草木が繁殖し、今は昔の感が強いが、立派な縄張りに感心した。城跡からは360度のパノラマが広がり当時は諸国に睨みを効かせていたのであろう。小さな歴史探訪が楽しめる町である。

 

【POCO Vol.23 百年住宅を考えるより】

 

/ 100年住宅

No.23 倉敷の建築

倉敷は地の利を生かし400年にわたりユニークな街文化を作ってきた。

江戸時代は天領となり、港町として物資の中継地点で栄えた。明治時代は倉敷紡績を代表とする繊維産業で近代化を実現した。現在は観光地としてユニークな文化を発信し続けている。

歴史的景観が残る美観地区は平日も観光客でにぎわい衰えを知らない。その街並みを人通りが少ない早朝に歩いてみた。

 

 

有名な倉敷川沿いの景観を抜け、鶴形山の南麓を東西に蛇行している街道を本町通りから東町通りへ気ままに散策した。街道を縦横に走る路地や裏通りがこの美観地区を立体的に支えていることがよくわかった。

街道の両脇を流れるように右へ左へ弯曲する美しい街並みが独特な風情を出している。それは街並みの1階と2階のコントラストの連続性にあると思う。1階は良質の木材を使って格子窓、玄関、外壁仕上げ材などを個性豊かに作っているのに対して、2階外壁と屋根はモノトーンの瓦や漆喰で作られている。このしつらえにより工芸品を見ているかのように繊細で上品な街並みが出来上がっている。

路地裏に入ると住居の出入り口や窓があり、生活が見える場所だが、手入れが行き届いている。例えば瓦タイルと漆喰だけでつくるシンプルな庇や、奥行きの浅い玄関口をおしゃれにしつらえてあり、狭い通りだが、邪魔にならないように工夫されているのがわかる。

路地裏から裏通りに出ると両側に立派な蔵が建ち並び静かな緊張感が走った。敷地に蔵がたくさん建つから倉敷と呼ばれた理由がよくわかる。蔵の外壁は白漆喰で仕上がっているが、外壁の角や、窓回り、腰壁、庇と壁の立ち上がりなど傷みやすいところは瓦タイルが張られ、単調な外壁を楽しく見せている。

この瓦タイルはもともと傷みやすい所に張って外壁の寿命を長くする役目で使われていた。ところがこのような使い方でデザイン的にも評価が高まったと見るべきであろう。割れたタイルを取り替え、長い年月をかけて手入れされているのがわかる。色合いの違うタイルが所々使われているのは修理の時期が違うからである。

倉敷の建物は新と旧、白と黒、日向と影、明かりと闇、の陰翳が混ざり奥深い伝統の粋が様々な声で聞こえてくるような気がする。

400年繁栄を続けてきた町の力が美術館や博物館など周辺を巻き込み、倉敷の文化形成に貢献している。それを可能にしたのは本当の豊かさの追求と地道な積み重ねの努力と言える。そんなしっかりした生活感が懐かしむ心を誘う。

/ お知らせ

会社のロゴマークとホームページのリニューアル

ご訪問ありがとうございます。

グランマの新しいホームページができました。

いろいろなリフォームをご紹介したいと考えています。

どんな住まいで、どのような考え方で、どのように知恵を出して完成したかをご紹介できれば、

ご自宅のリフォームの折、ご参考にして頂けるのではないかと考えました。

 

新しいロゴマークは未来の住まい作りを提案する姿にしました。

住まいは安心で健康的な楽しい我が家が理想です。

明るくシンプルなデザインを追求したいと思っています。

掲載の施工例が少ないですが、取り急ぎ追加して参りますので、

時々訪問してください。よろしくお願いします。

 

 

 

新しいロゴマークです。

お気軽にご相談ください。住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中! TEL 06-6846-2281 メール info@grandma-homes.com