大阪の北摂地域(豊中・吹田・箕面)を中心としたリフォーム専門店【グランマ】

お気軽にご相談ください。
グランマ
住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中!

NEWS

/ 100年住宅

No.17 文化の香り漂う町並み<兵庫県たつの市>

築150年、この家の木が愛おしい

兵庫県龍野市にある古い写真の風景を見に行った。
城下町の龍野市は道が入り組みわかりにくい。町の人に聞きながらたどり着くと、そこはお城の前だった。桜祭りが催され、武者行列が町中を練り歩き賑わっていた。満開の桜が城壁や醤油蔵の漆喰に映え、春爛漫の豪華な時間が流れていた。
賑やかな通りの中に赤とんぼの歌で知られている詩人三木露風が通った書店伏見屋商店があった。
外観も屋根もきれいにリニューアルされていたが、中に入って驚いた。築100年の内装が当時のまま使われていた。奥に広がるスペースに本が並び、その上は吹き抜けになって大きな天窓が設けられていた。2階は吹き抜けを囲むように廊下がめぐり、大きなのっぽの掛時計が正面から玄関をにらんでいる。斬新さは当時話題になったことだろう。
残してほしいという声があるので残しているが、商売は成り立っていない。という。四代目の竹内さんは子供たちに本を読む大切さを、機会があれば話している。「ものを考える力は本から生まれる。その力は人生で困った時に生きてくる。」と若い人の相談にのっている。日本の文化を大切にしないといけない。文化を残すために教育が大切と。風土史、文芸春秋などまじめな本が並んでいた。

旧家が立ち並ぶ通りに個展の案内が見えた。
冠門をくぐって、庭に立つと、そこここに絵画が飾られていた。家の中にも展示され、まるで小さな美術館のよう。芸大で学ぶ甥っ子のために解放した。と香山さんは笑顔で説明してくれた。身内や近所の人で賑わい楽しそうだ。この個展が昨日の新聞記事に載った事で話が盛り上がっている。
築80年の家の歴史をいろいろ語っていただいた。所帯を持った時、母親が大切にしていた茶室を人に譲って新居を増築した。当時は価値がわからなかったが今になって惜しいことをしたと言った。自慢のトイレを見てほしいと案内してくれた。築80年のトイレは当時のまま残っていた。タイルも割れがなくテラゾウで出来た洗面台も傷がない。手入れの良さにびっくりした。洗面台はタイルをカットしてはめられている凝った品だ。床にも同じタイルが張られていた。施主と職人のうらやましい共感が伝わってくる。親の代から大切にしてきた家を中心に、家族の絆を保つ。人が集まる家をこれからも続けたい。

ここで知り合ったご夫婦から自宅を見ますかと声をかけていただいた。ご主人からいただいた名刺の肩書きは声楽家とあった。
奥さんの実家は150年経っていた。600坪の敷地に長屋門と大きな屋敷が残っている。部屋数は全部で12部屋ある。ご主人の定年を待って兵庫県三田市から思い切って引っ越してきた。戦後リフォームした洋室は大きな化粧梁と五寸柱の架構を見せ、どっしりと大きな空間を守っている。この部屋で兵庫教育大学の退官記念コンサートを開いた。
住むと不便で、すぐに台所と風呂を改造した。冬は寒いし暗い。しかも維持費がかかる。今後この家をどうしようか考えている。時間があればいろんな町に出かけ、古い家を訪ねている。ご主人はこの家の木がいとおしいと言った。建物を生かし、教育と文化を育てようとする人。住まいと町のコミュニティーのコラボレーションで人生の楽しみを見つけている人。築150年の民家を次世代に繋ごうと知恵を絞っているご夫婦。家と人の知恵比べが豊かな社会を育てていると実感した。

/ 100年住宅

No.16 機織りの町<京都府与謝野町加悦>

変わらない町並みと心

ちりめん街道の町並み。右の洋館は伊藤医院機織り (はたおり) の音を聞きに加悦 (かや) を訪ねた。
峻険な与謝峠を鉄橋で "まわり階段" のように盆地に下ると、国道176号線沿いに小さな町が続く。加悦には汽車公園がある。国鉄の線がこの町を外れたので、町で会社を作り電車を走らせた。その駅舎が記念会館として残っている。
加悦のちりめん街道沿いの公民館に車を止め、歩き始めると四人の小学生がさわやかな大きい声で挨拶をした。
残念ながら日曜日ということで機織りの音は聞こえなかった。ちりめん街道を探索しながら、どこかで機織りを見せてもらえないか尋ねた。
すると 「太田さんに聞くとわかる」 という。太田さんの家を訪ねると知り合いのところへ案内してもらった。幸運にも訪問先の奥さんが在宅であった。 「機織りの音を聞きたい!と尋ねてきたよ」 と太田さんが説明すると、丸田美千子さん (65才) は笑顔で恥らいながら 「こんな音を聞きたいのかね」 と実演してくれた。
紋紙という木のデータを送るちりめんのデザインは紋紙 (もんがみ) という木でできたデータを機織り機に送っている。丸田美千代さんと機織り機。このあと実演していただいた。スイッチを入れると大きな金属音が連続して、けたたましい音が家中に響いた。糸をかけた機が前後して生地を織る。データは階段を駆け上がるように登っていく。
デザインはすべて京都から送られる。そのセンスは玄関先の生け花の飾り方に生きている。 「この町で機織りを置いているところは三軒ぐらいになってしまった。昔は機織りの音が朝早くから夜遅くまで町全体に鳴っていた。」 十年前、町を挙げて中国へ指導に行った。やがて、技術を習得した中国は安いちりめんを日本に輸出し始めた。その影響で産業が途絶えた、という。
機を織って45年。嫁いで40年。義母さんは85歳で亡くなる五年前まで織っていた。美千子さんが嫁にきてから機織り機をもう一台増やした。機織り機で織った生地を見せてくださった。衝立の奥に神棚が見える。入れるときは天井を破って、小梁を切り、大梁を避け斜めに設置した。狭い玄関先で二台の織り機を二人で背中をつけるように仕事をしてきた。朝七時から夜の八時まで仕事した。
丹後の女性はよく働く。女性が苦労するので、最近は地元で嫁に行かず大阪などに出るという。
玄関から次の間の奥に、衝立を挟んで立派な和室が見えた。商家らしく大きな神棚がある。ご主人があつらえたケヤキの一枚板だ。
衝立の前に花が凛として生けられている。
消えて行く文化があるが、育てた土壌や人間は大切にしてきたものを今も生かしている。
秋祭りになると昔の賑わいが戻ってくる。 「今度いらっしゃい」 と丸田さんが若々しい笑顔で言った。

/ 100年住宅

No.15 三代続く桶屋<三重県関市>

「桶重」三代目 服部重三さん 八十四歳

服部さんと一緒の写真三重県関市は東海道と伊勢街道を結ぶ宿場町。江戸時代から“お伊勢参り”で栄えた。東西二・五?の街道沿いに旅籠、問屋、銀行、酒屋、足袋屋、町家、鍛冶屋、桶屋、風呂、置屋まで。往時の町並みが横一列に並んで残っている。
駅前に車を置いて街道に出るとちょうど真ん中辺りだった。すぐ左に立派な構えの店が続く、商家らしくよく手入れがされていて美しい。
しばらく歩くと職人の店が並ぶ。桶屋の前に立った。ガラス障子越しに中を覗くと、使い込んだ板張りの隅に出来たての桶が積んである。横に道具が整然と並べてあった。椅子に座った桶屋の親方が手であっちに行けと合図をする。見てほしくないようだ。中を見せて頂こうと取っ手に手をかけたが鍵がかかっているようで開かない。親父は来るなと追い払うように手を振る。頑固親父だ。苦笑して去るしかなかった。

桶で作った金魚鉢しばらく歩くと、和菓子の「関の戸」で知られる深川屋には瓦屋根のついた立派な看板が上がっていた。町の端まで行き、戻る。
やがてまた桶屋の前を通った。頑固な親父と奥さんが椅子に座って暖を取っている。手を振ると今度は手招きした。奥さんに何か言われたのだろうか?鍵を開けてくれるのかと待っていると、強く空けろと仕草する。
力を入れると扉は開いた。おそるおそる入ると、観光客には迷惑している。とまず太い枯れた声でしかられた。職人は仕事してなんぼや。「あれは何?」「写真を撮るので仕事のポーズをしてみて」なんか言われると仕事できん。とまた一言。
一通りおしかり頂いた後、奥さんがお茶を注いでくれた。「たくさんの道具ですね。」「まだ中にある、何でも見ていったらいい。」と意外に優しい。写真も撮らせていただいた。作業場の中央に四角い穴が開いている。中には鉋屑が入っていた。ここで仕事をしているのだろうか。床板は使い込んで形が変形していた。
陳列棚には桶で作った金魚鉢があった。金魚鉢は十数個作ったが手間がかかるので止めた。値を上げても買いに来るので困ったそうだ。『桶屋は水を漏らしたらあかん。』夜中にピシッという木が割れる音がしたら今でも目が覚めるという。

関市の町並み五年前に脳梗塞で倒れ、一時仕事ができなくなった。しかし、病院の先生がびっくりするほど回復が早く一ヶ月後には仕事をしていた。よく手を使っていたお陰だと言う。
奥さんが嫁いだ頃は朝早くから夜遅くまで桶作りの手伝い。弟子の世話に明け暮れ、桶屋なんかに嫁に来るんじゃなかったと後悔したそうだ。しかし、今は良かったと言える。夫唱婦随で桶屋を盛り上げる。弟子も多い。
寿司桶を一つ所望した。すると人が変わったように、仕事中の写真を撮らせたり、作業場に上がらせてあれこれと説明した。さすが商売人。何百年街道沿いで生きてきた商売根性だろうか。人の流れだけでなく時代の流れも捉え商売に結びつけてきたのだろう。 
この町の人は、来た風に乗る。と言う。技術力だけで生きてきたのではないよ。と聞こえた。

/ 100年住宅

No.14 母の茶室<綾部市>

80歳の大工が 最後にした仕事

茶室綾部市の旧町並みを散策していると、まだ新しいが古びた造りの家が目に留まった。
  萱門の屋根に映える美しい軒しのぶ。門から続く踏み石には水が打たれていた。一見普通の民家だが、窓から見える二階和室の欄間のデザインと外壁の小さな飾り窓の組子の具合に驚いた。よく見ると、格子窓の組子に使い古しの茶杓が使われていた。

 玄関に人の気配がしたので、声をかけてみた。
  割烹着姿で出てこられた奥様は、明日からここで行われる茶会の準備に忙しくされていた。いくつかお尋ねしていると「中も見られますか」と上がらせて頂いた。
  見事な茶室に驚く。京都の上京区にある裏千家の茶室、又隠(ゆういん)を模して作らせたものだという。
 又隠《重要文化財》は未公開だが、年に一回だけ見せていただける日がある。

飾り窓と茶杓その時を狙って大工さんによく見てもらって作ったそうだ。入り口や窓の位置が違っているが造作などはできるだけ真似をしている。
 一階は茶室と水屋。二階に十畳の和室二間が教室として使われている。
  裏千家家元のお母様が八十一歳のとき、腕のよい大工に頼んで作ってもらった。熟練した八十歳の大工であったが、これを最後の仕事にしたという。半年がかりで作った家は所々に大工さんの工夫が詰まっている。思うようにしてもらえず喧嘩もしたが、頑固な大工に職人を見た。と麝嶋(じゃじま)和子さんは当時を振り返る。
 母はここで五年間茶道を教え九十一歳まで生きた。娘さんは母の意志を継いで協会の手伝いをしていらっしゃる。この茶室は自慢の空間である。こんな縁がないと典型的な利休四畳半を見せてもらうことはなかったであろう。
  建物は茶道の伝統と母の意志をしっかり抱いて、娘とともに生きている。

/ 100年住宅

No.13 港町の商家<岡山県玉島>

百年住宅に 新しい風が入った

港町玉島の商家 岡山県の玉島は江戸、明治時代に栄えた港町だった。今もその面影を残す商家が城のような優美な構えを昔のまま残している。
  焼き物の町らしく瓦タイルを使い、芋目地や網代張りで、上品なモノトーンの日本建築に変化とリズムをつけている。

 間口の大きい玄関を入ると、広いたたきがあり、左が奥。右は事務所と応接室になっていた。奥には一階だけで部屋数が十二もある。坪庭がいくつもあり、どの部屋からも庭を見ることができる。家はもちろん、どの庭も手入れが行き届いていた。3代目のご主人と須磨子さんが家を守ってこられた。
  商家の伝統の重みの前に時の流れが止まった。

応接室 最近、建築家の次男が家族の反対を押し切り、応接室を改造して窓を作った。
  外には木製の面格子がはめられ、まったく違和感がない。変化を好まなかった百年住宅に新しい風が入った。
 玄関のたたきをまっすぐ進むと広い中庭にでた。中庭を挟んで木造の工場と倉庫がある。家と商売がひとつになった商家の姿だ。かつては何人もの女工が働いていたであろう、小学校の木造校舎のような広い空間にミシンが何台も並んでいた。
  足袋の生産は安い中国製品に負けるが良い足袋を求める人が少なくない。お客様と共鳴しあう商売を維持してきた。そんな自信とプライドを家は語っている。

お気軽にご相談ください。住まいの無料診断・耐震無料診断 ご予約受付中! TEL 06-6846-2281 メール info@grandma-homes.com